やる気が出ない原因は身体の状態にある

最近、仕事や勉強のやる気が出ない。。
痩せすぎてて(太りすぎてて)夏でも恥ずかしくてTシャツが着れない。
いつも自分に自信がない。

実はこの『やる気』『自信』は身体の状態と深く関連しているんです。「自分の性格が悪い」「意思が弱い」せいだと自分を責めることはありません。

身体の状態を変えることで行動を起こすモチベーションや気分をコントロールできたら素晴らしいと思いませんか?

筋肉の量を増やそう

疲れやすい身体になると、脳内伝達物質のやる気ホルモンの分泌量が減り、結果、やる気や自信がなくなる、とも言われています。

では疲れにくい、疲れない身体はどのようにしたらできるのでしょうか?

効果的な一つの方法は、筋肉の量を増やすことです。
筋肉は、血流を流すポンプの役割を持ちます。筋肉量が増えることで血流をスムーズに流すことができます。
よって栄養、酸素が身体の隅々まで循環、吸収され、やる気ホルモンの分泌量も増える!という考え方ができます。

勉強ができる人、仕事ができる人が身体を動かすのも好きだったりするのは決して無関係ではないんですね。
「身体を作る→勉強・仕事のやる気が出る→いい結果につながる」という好循環を体験してみたくなりませんか?

では筋肉を増やすには?

筋肉を増やすには順番が大切です。
①筋肉の柔軟性を上げる。
②可動域が上がった状態で筋肉を増やす。

いきなり自己流のトレーニングをしてしまうと、普段良く使う筋肉をたくさん使ってしまいバランスを崩し故障の原因になりかねません。

MARKSの強みは、皆さまの身体をトータルでサポートできる点です。専門スタッフによりスポーツマッサージ、ストレッチ、体幹トレーニング、インディバダイエットを、その方の身体や目的に合わせてメニューを組ませて頂きます。
よって、効率的に筋肉を増やすことができるのです。

柔軟性を上げる
筋肉を増やす

あなたの人生の質を向上させましょう。
筋肉を増やすことで「やる気アップ」「自信アップ」に繋がります。
疲れにくい身体を手に入れ、日々のやる気が向上すれば、あなたの人生の質も大きく変わることでしょう。
MARKSにて、身体の改善をサポートできることを楽しみに心よりお待ちしております。

さっそくご相談を。

ホームページを見た、とお伝えください!

メールでのお問い合わせはこちらから

2016/05/31